月々の支払いでのポイント貯め方

携帯電話や電気代、新聞の購読料金など月々継続的に支払っていますので、年間で考えるとかなりの金額を支払っていると思います。

せっかくかなりの金額を支払っていますので、これを利用しない手はありません。

お金を支払う=ポイントが貯まる、これは月々の支払いにおいても同様のことが言えます。

毎月必ず支払う必要があるもの程、少しでもポイントを獲得できる方法を模索したいです。

ここで紹介する月々の支払いで狙うポイント獲得は、手軽かつ身近で効果の高い方法の一つです。

まだ実践していない方はぜひとも実践してみてくださいね。

 クレジットカード払いを多用

公共料金の支払い方で定番はクレジットカードで支払いです。

携帯電話の料金であればコンビニで簡単に支払うことができる他、クレジットカード引き落としにすることも可能です。

たとえば楽天カードなら、利用額100円につき1ポイント(楽天スーパーポイント)を貰うことができますので年間で考えればかなりの獲得ポイントになるはずです。

支払った金額に応じて、クレジットカードのショッピングポイントとして貯まりますので、あとは貯めたいポイントやクレジットカードの機能に合わせて使うカードを考えましょう。

 クレジットカードの引き落とし銀行を選ぶ

コンビニ等で公共料金などの月々の支払うのが面倒という方は、スルガ銀行ANA支店の様な公共料金の引き落とし先口座に指定することで、ポイントをくれるような銀行の口座で引き落とすのもオススメです。

スルガ銀行では携帯電話やNTTの代金、各種クレジットカードの引き落とし先にするだけで、毎月自動的にANAマイルを貯めることができます。

各種クレジットカードの引き落とし1件につき5マイルを貯めることができます。


詳しくはこちら⇒スルガ銀行

 リボ払いでポイントが貯まる

クレジットカードの引き落としの際にリボ払いにするだけでポイント還元率が大幅に高くなる場合があります。

リボ払いとは自分で決めた返済金額を月々返済する支払い方。

三井住友VISAカードなら、リボ払いにするだけで獲得できるワールドポイントが2倍になる他、クレジットカードの年会費が半額になったりなどの特典があります。

しかし、自分で決めた返済金額の設定が低く、全額返済に何カ月もかかる場合、利息分が損となるケースも多いので、リボ払い返済金額は慎重に設定して利用しましょう。