電車を利用したポイント貯め方

全国的にもかなり普及している鉄道系ICカードですが、切符を買うことなくタッチ&ゴーで電車に乗れる快適性だけでなく、ポイントを貯める機能としての素質も十分にあります。

電車を頻繁に利用する方とっては鉄道系ICカードを上手に利用すれば安定的にポイントを獲得することができますので、実践すればポイントの貯まるスピードもググっと向上します。

また鉄道系ICカードだけでなく、定期券購入代金や新幹線のチケット代金もクレジットカードで支払うことが可能なので、ぜひ取りこぼしをゼロにしたいところ。

 クレジットカードから鉄道系ICへチャージ

JR東日本で普及している鉄道系ICカードのSuicaであれば、みどりの窓口で好きなクレジットカードからチャージすることができます。

なので欲しいポイントが貯まるクレカを優先するものアリです。

電車の利用が少ない方にとって、獲得ポイントはかなり少ないかもしれませんが、取りこぼさないことが大事です。

また切符や定期券購入代金や新幹線のチケット代金も、クレジットカードで支払うことができますで、電車にかかる料金はできるだけクレカで済ませたい。

 Suicaは身近なお店でポイントが貯まる

お手持ちのSuicaをSuicaポイントクラブで会員登録をすればKIOSKやNEWDAYSなど、通勤時によく利用するお店でSuicaで支払うとSuicaポイントも貯めることができます。

現金で支払うよりポイント分がお得となり、貯まったSuicaポイントはSuicaへチャージできるのはもちろん、Yahoo!ポイントやWAONへも移行することができます。

ちなみにSuicaポイントが貯まるお店は多く駅中のレストラン等の提携会社が多い。


Suicaポイントが貯まるお店はこちら⇒Suicaポイントクラブ

 圧倒的に評価の高い鉄道系クレカがある

東急百貨店でのTOKYUポイント獲得率が3〜8%で、クレジットポイントが200円ごとに1ポイントと交通、買い物をカバーできる TOP&ClubQ JMBカード PASMO。

オートチャージ対応で貯まった東急ポイントはPASMOのチャージやJALマイルへ移行可能。

TOP&ClubQ JMBカード PASMOの詳細はこちら⇒TOP&ClubQ JMBカード PASMO

一般的なクレジットカードがSuicaへの入金で還元されるポイントが0.5%なのに対し、ビュースイカカードは定期券とSuicaへのチャージで獲得できるポイントが1.5%と超高還元率。

また定期券とクレジットカード、そしてSuicaの機能を兼ね備えた数少ないカードです。


ビュー・Suicaカードの詳細はこちら⇒ビュー・Suicaカード