電子マネーを有効利用1

電子マネーというだけあって、現金と同様の感覚で使うことができるのが電子マネーです。

一般的には特定のカードや携帯電話などへあらかじめお金を入金しておき、その入金したお金を電子マネーとして使用するのが基本的な使い道です。

小銭を持たなくていい気軽さに加え、ポイントを貯めるにも最適と電子マネーへの関心はどんどん高まっています。

電子マネーは一見複雑なようにも思えますが、入金から利用まで簡単に使えるタイプも多く幅広い年齢層で利用されています。



ファミリーマートをはじめ主要なコンビニを網羅し、それ以外の提携店も豊富なEdy。

Edyで支払うことでTポイントやANAマイルなど好きなポイントが200円毎1ポイント貰える。

チャージでポイントが貯まるクレカが少ないが、上手に使えばクレカのポイント獲得も狙える。
 使って貯まるポイント ⇒ Tポイント・楽天ポイント・ANAマイル・JALマイル


オートチャージも対応し易いWAONはポイント還元率が高まる様々なイベントが豊富。

毎月5の付く日は、通常200円につき1WAONポイントのところ2倍となるお客様わくわくデーを開催。

ファミリーマートやイオン系のショッピングセンターを良く利用する方にはかなりお得に使えます。
 使って貯まるポイント ⇒ WAONポイント


セブンイレブンやイトーヨーカードーなど、有名店舗で利用できる電子マネーです。

セブンイレブンなどの提携店では100円につき1nanacoポイントを貯めることができます。

しかしチャージの方法が少なくクレカでもポイントがつかないアイワカードのみと不便さも目立つ。
 使って貯まるポイント ⇒ nanacoポイント

移行先の少ないマイナーなポイントでも意外と電子マネーへ移行できることが多いです。

使い道の少ないポイントも電子マネーへ移行すればお金としてを有効利用でき、再度好きなポイントを貯めることができます。

またANAマイルなどのメジャーポイントは特に電子マネーへ移行しやすく、ポイントの期限切れが近い場合の回避先として電子マネーを利用するのも有効

。言うまでもありませんが電子マネーに利用期限はありません。

ポイントの有意義な使い道が見つからなった場合、電子マネーへ移行できるポイントかどうかを把握しておくこともポイントを無駄にしないためには必要です。



Edyへ移行できるポイント
確認はこちら



WAONへ移行できるポイント
確認はこちら



nanacoへ移行できるポイント
確認はこちら

通勤や通学で便利な鉄道系電子マネー。切符・定期代わりのカードという印象すが、使い方によっては大きなポイント収入源となります。

Edyなどの電子マネーと一緒でクレジットカードからのチャージでポイントを獲得。カードによっては通常の0.5%を上回る高還元率でポイントを得ることができます。

電車に乗ってもポイントが貯まりませんが、SuicaならKIOSKやNEWDAYSなど通勤時によく利用するお店でお買い物をすれば、Suicaポイントを貯めることができます。


老若男女ご存じ、Suica。
普段、定期券や普通に切符代わりとして使っている方も多いですが、ポイントを貯めることができる電子マネーの一つなんです。

●ポイントの貯まり方
 買い物、suicaへチャージ

●貯まるポイント
 suicaポイント

●ポイントの使い道
 suicaへチャージ、
 Yahooポイントへ移行、
 WAONポイントへ移行

●貯まる主なお店
 KIOSK、NEWDAYS、
 紀伊国屋書店……etc

定期券とSuicaへのチャージで1.5%還元と一般的なカードに比べ還元率は圧倒的。定期券とクレジット、Suicaと多機能な一枚。

ビュー・Suicaカード

PASMOはJRや私鉄、地下鉄はもちろん、バスなど100以上の交通機関で利用することができます。利用機会の多い電子マネーなのでポイント収入源としてぜひ活用したい。

●ポイントの貯まり方
 提携クレジットカードからの
 チャージ

●貯まるポイント
 PASMO自体にポイントは
 無い

●ポイントの使い道
 PASMO自体にポイントは
 無い

●貯まる主なお店
 PASMO自体にポイントは
 無い

東急百貨店での還元率が3〜8%でクレジットポイントが200円毎1ポイントと交通、買い物をカバー。PASMO一体型でオートチャージも対応。

TOP&ClubQ JMBカード PASMO